赤ら顔に乳酸菌がいいのはなんで?

人よりも肌が紅潮しやすく、赤みが目立ってしまう“赤ら顔”。

また、鼻などの顔の中心部に赤みが広がる症状のことを、特に“酒さ”と呼んでいます。

そんな赤ら顔や酒さの症状は、メイクをして隠そうとしても、余計に肌に刺激が加わって逆効果に。

他にも、冷やしてみても、清潔に保ってみても、なかなか改善してしかないから、赤ら顔や酒さはとても難儀な症状でもあるんです。

そんな赤ら顔に、乳酸菌が効果的だと言われています。

どうして、顔が赤くなる症状の赤ら顔に乳酸菌が効くのでしょうか?

乳酸菌と言うと、ヨーグルトや乳酸菌飲料、チーズなどの発酵食品に多く含まれています。

そして、それらを食べることによって、腸内環境を整えて、便秘を改善したり、老廃物が溜まりにくい体にしてくれると評判です。

また、乳酸菌によって腸内環境が整うと、栄養素の吸収効率もアップしますし、免疫力が強化されるなど嬉しいことが沢山あります。

そして、この免疫力の向上によって、赤ら顔が改善していくと言われているんです。

赤ら顔の原因は定かではないのですが、

・血行が良すぎてしまうため、血液の色が肌表面に出てきやすいこと
・アレルギー反応によって血管が収縮すること
・紫外線などの刺激を受けて熱をもってしまうこと

などが考えられます。

これを改善するためには、体の中の免疫細胞が過剰に反応しないように、正常な働きをするように整えてあげなければなりません。

そこで、乳酸菌の出番というわけなんです。

ですが、ただヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品を食べていればいいというわけではありません。

乳酸菌の中でも特に効果が高いと言われている、「LFK」を取り入れるのがオススメなんです。

LFKというのは、フェカリス菌という乳酸菌の一種を、酵素を使って分解したときにできる抽出物です。

このLFKには、強いステロイド剤でも赤ら顔や酒さが改善しなかった人でも、1ヶ月ほどで症状が改元したという研究結果があるほど、強いパワーが存在しています。

LFKによって、血液の中に、赤ら顔の原因となる有毒な物質や、老廃物が流れていかないようにしたり、免疫細胞が過剰反応を起こして、アレルギーのような症状が出てこないように、体内の環境を整えることができるのです。

しかし、LFKは普通の乳酸菌ではないので、食生活の中で取り入れるのは大変!

そこでオススメなのが、1日1包の顆粒を飲むだけで、LFKを含めた5種類の乳酸菌を補給できる『カルグルト』です。

カルグルトはそのまま飲んでも、ヨーグルトや牛乳に溶かしても美味しい、顆粒状の乳酸菌。

ヨーグルトを毎日大量に食べるよりも手軽ですし、お得に試せる定期コースも用意されています。

原因不明だからこそ、どうやってケアすればいいのか解らないのが赤ら顔の怖いところです。

だからこそ、乳酸菌の力が必要!

赤ら顔で悩んでいる方は、手軽に乳酸菌を補給できる『カルグルト』を、まずは気軽に試してみるといいかもしれませんね。

【合わせて読みたい】
赤ら顔には乳酸菌が良いって本当?積極的に取ったほうが良いのはこれ

赤ら顔と乳酸菌についてまとめてあり、乳酸菌サプリのカルグルトの詳細も詳しく載っています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ